フッサール現象学入門

基本内容

受付終了

講座番号
01FC19
開催日
2019/10/12(土)2019/11/09(土)
回数
全3回
受付終了日
2019/09/29(日)
定員
15名
時間
11:20~12:50
分野
教養を高める
受講料(割引受講料)
5,400円 (4,860円)
開催期
後期
キャンパス
稲毛センター

講座内容

エトムント・フッサールが創始した現象学は、一種の哲学的な方法論です。現象学は多くの哲学者たちに深いインスピレーションを与え、やがて20世紀における最も重要な学派のひとつとなり、世界的な「現象学運動」を巻き起こしまた。現象学によって自身の哲学を展開した哲学者には、たとえばハイデガー、シェーラー、レヴィナス、メルロ=ポンティ、サルトルなどがおり、また、社会学や美学、心理学など様々な領域への応用も進んでいます。この講義では、現象学の創始者であるフッサールの思想を通じて、現象学の基本的な方法を学びます。
本講座は講座案内の日程から変更になりました。下記スケジュールをご確認ください。

スケジュール

開講年月日 講義内容
1 2019/10/19 危機の時代と現象学的還元
2 2019/10/26 事実と本質
3 2019/11/09 意識と志向性

講師紹介

橋詰 史晶
(早稲田大学 非常勤講師)
2017年、早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。同年、同博士号(文学)取得。早稲田大学文学部哲学コース助手を経て、早稲田大学を始めとする大学、専門学校などで教鞭を執ってきた。専門分野はエトムント・フッサールの現象学を中心とするドイツ、フランスの現代哲学。分かりやすい授業に定評がある。

橋詰 史晶