戦国時代における天皇の実像―後土御門・後柏原・後奈良―

受講申込

基本内容

受付中

講座番号
30FC12
開催日
2019/02/19(火)2019/03/05(火)
回数
全3回
受付終了日
2019/02/05(火)
定員
20名
時間
12:30~14:00
分野
教養を高める
受講料(割引受講料)
5,400円 (4,860円)
開催期
後期
キャンパス
稲毛駅前センター

講座内容

 戦国時代の天皇については、詳しくない方も多いと思います。本講座では、厳しい生活を強いられた戦国時代の天皇の生活を取り上げ、具体的に分析します。戦国時代の天皇は戦国大名に宸筆を贈ったり、あるいは官途を与えたりして、何とか生活をしていました。それらの実像を諸史料から紐解き、わかりやすく説明します。

スケジュール

開講年月日 講義内容
1 2019/02/19 後土御門天皇―43日間も葬儀ができなかった天皇―
2 2019/02/26 後柏原天皇―21年間も即位ができなかった天皇―
3 2019/03/05 後奈良天皇―官途を売っていた天皇―

講師紹介

渡邊 大門
(㈱歴史と文化の研究所代表取締役)
2008年3月に佛教大学大学院で博士(文学)を取得後、戦国時時代を中心にした歴史研究、著作の執筆、講演に従事する。2015年10月、歴史と文化の研究所を設立し、代表取締役に就任。これまで執筆した著作(単著、共著含め)は、30冊以上。『歴史人』(KKベストセラーズ)などへの寄稿は多数    

渡邊 大門



受講申込