真説・本能寺の変 ―光秀はなぜ信長を殺したのか―

受講申込

基本内容

受付中

講座番号
01FC9
開催日
2020/01/08(水)2019/02/12(火)
回数
全3回
受付終了日
2019/12/26(木)
定員
15名
時間
15:15~16:45
分野
教養を高める
受講料(割引受講料)
5,400円 (4,860円)
開催期
冬期
キャンパス
稲毛駅前センター

講座内容

 明智光秀が織田信長を謀殺した本能寺の変については、光秀の動機をめぐって、さまざまな動機が提起されています。しかし、それらの多くは史料の誤読、曲解などがあって、成り立ちません。本講座では実際にそれらの史料を検討し、なぜ成り立たないのかを詳しく解説します。
申し訳ありませんが、本講座の時間帯を講座案内から変更させていただきます。15:15~16:45とさせていただきます。

スケジュール

開講年月日 講義内容
1 2020/01/08 足利義昭説が成り立たない理由
2 2020/01/29 朝廷黒幕説が成り立たない理由
3 2020/02/12 その他の黒幕説が成り立たない理由

講師紹介

渡邊 大門
(㈱歴史と文化の研究所代表取締役)
2008年3月に佛教大学大学院で博士(文学)を取得後、戦国時時代を中心にした歴史研究、著作の執筆、講演に従事する。2015年10月、歴史と文化の研究所を設立し、代表取締役に就任。これまで執筆した著作(単著、共著含め)は、30冊以上。『歴史人』(KKベストセラーズ)などへの寄稿は多数    

渡邊 大門



受講申込