中国をどう理解し、どう向き合うか

受講申込

基本内容

受付中

講座番号
02FB1
開催日
2021/02/06(土)2021/03/06(土)
回数
全3回
受付終了日
2021/01/26(火)
定員
10名
時間
15:10~16:40
分野
世界を知る
受講料(割引受講料)
5,700円 (5,130円)
開催期
後期
キャンパス
稲毛駅前センター

講座内容

歴史的な交流と近現代の紆余曲折を経て、日中は緊密な経済関係を築きました。中国経済は目覚ましい成長力を示す一方、多くの構造的課題も抱えています。政治面ではチベットやウイグル、香港や台湾の情勢が注目され、外交面では米中衝突に至りました。今、世界は、100年に一度の変化、戦後体制の転換を迎えています。今後の日本の立ち位置と進むべき道筋を、経済人として、国民として、考えたいと思います。


本講座は「千葉市習いごと応援キャンペーン」の対象講座です。
千葉市在住・在学在勤の方は、受講料が半額となります。
お申し込みは、電話またはメールでお願いいたします。
※敬愛大学生涯学習センターのホームページからお申し込みの場合は、キャンペーンの対象外となります。また他の割引制度とは併用できません
詳細は敬愛大学生涯学習センターまでお問い合わせください。
電話 0120-077-420
メールアドレス exte_c@u-keiai.ac.jp

スケジュール

開講年月日 講義内容
1 2021/02/06 日本と大陸。古代から近現代、戦後の歩み
2 2021/02/20 中国経済の成長要因と課題、今後の見通し
3 2021/03/06 日本と中国の国民性、世界の中の日中

講師紹介

藪内 正樹
(敬愛大学 経済学部 教授)
東京大学工学部原子力工学科卒業後、日本貿易振興機構(JETRO)に入構。
香港大学で中国語(標準語)の研修のほか、北京事務所員、大連事務所長、上海事務所長、海外調査部長、上席主任調査研究員等を務める。
平成26年4月より、本学にて中国ビジネス論、世界の流通産業 、医療と健康の経済学、地域企業経営論等の講義を担当。

藪内 正樹



受講申込